アレッサンドロ・ベヴェラリ

Alessandro Beverari

クラリネット

アレッサンドロ・ベヴェラリ

1988年ヴェローナ生まれ。2009年国立ヴェローナ音楽院を最優秀で卒業後、ピアチェンツァ音楽院、ジュネーブ高等音楽院、ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院にて研鑽を積む。2018年第4回ジャック・ランスロ国際コンクール優勝、併せて聴衆賞・浜中賞を受賞。2019年第16回チャイコフスキー国際コンクール木管楽器部門ではクラリネット奏者として最高位となる第3位に入賞。このほか東京音楽コンクール、ヤナーチェク国際コンクール等数々のコンクールで優勝している。これまでにパオロ・ベルトラミニ、ロマン・ギュイオ、アレッサンドロ・カルボナーレの各氏に師事。東京フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット奏者。