瀧本 麻衣子

Maiko Takimoto

ヴィオラ

瀧本 麻衣子

東京藝大で川本嘉子氏にヴィオラを師事。卒業後は、ロームミュージックファンデーション海外派遣奨学生としてシュトゥットガルト音楽大学院にてアンドラ・ダーツィンスに師事。第10回東京音楽コンクール弦楽器部門第3位。Quartet Venereとしてウィーン国立音大室内楽アカデミーにて、Artis-Preis受賞(第1位)。2013年よりサイトウキネンオーケストラのメンバーとして参加している。現在は新日本フィルハーモニー交響楽団首席ヴィオラ奏者。