オクサーナ・ステパニュック

Oksana STEPANYUK

ソプラノ

オクサーナ・ステパニュック

ウクライナ国立チャイコフスキー音楽院声楽科及び器楽科(バンドゥーラ)を首席で卒業。1992年キーウ若い才能コンクール優勝を皮切りに、第6回ブルクハルト国際音楽コンクール、第12回万里の長城国際音楽コンクール、第11回チェコ音楽コンクール等、数々のタイトルを獲得。2000年より世界各地でリサイタルを開催。2003年初来日。2005年、ユーシェンコ前ウクライナ大統領訪日の際、晩餐会にて歌曲を披露。藤原歌劇団には2013年「仮面舞踏会」のオスカルでデビュー以降、「カルメン」ミカエラ、「ラ・ボエーム」ムゼッタで出演。2011年芸術分野におけるウクライナ功労賞、2019年アジア連合の親善広報大使賞受賞。藤原歌劇団団員。日本オペラ協会会員。ウクライナ・キーウ州スィニャワ村生まれ。