相可 佐代子

Sayoko Oka

メゾ・ソプラノ

相可 佐代子

名古屋音楽大学卒業、同大学院修了。2001年パリ市立シャトレ劇場研修生として渡仏、劇場で研鑽。エコールノルマル音楽院ではルーセル奨学金を得て研鑽、演奏家ディプロムを審査員満場一致で取得。帰国後も『カルメン』(タイトルロール)『ナクソス島のアリアドネ』(作曲家)など多数のオペラに出演。またベートーヴェン『交響曲第九番』『ミサソレムニス』等のソリストも務める。
京都市立芸術大学、名古屋音楽大学、愛知県立芸術大学で後進の指導にもあたる。
NHK-FM『名曲リサイタル』出演。津市文化奨励賞。ソロリサイタルにおいて2014年名古屋音楽ペンクラブ賞、2010年、2018年には名古屋市民芸術祭賞受賞。