塩入 俊哉

Toshiya Shioiri

ピアノ& 編曲

塩入 俊哉

国立音楽大学大学院修了。作・編曲家、ピアニスト、コンサートディレクター、サウンドプロデューサーとして、宮本文昭(元ケルン放送交響楽団首席奏者)をはじめ様々な著名アーティストを担当。2000年作曲作品が文化庁芸術祭新人賞受賞。ソロ活動では「君のいた夏」「TOKYO3a.m.」等を発表する。繊細で大胆なピアニズムを基本として構築するアルバム作りやコンサートの制作は他者には無い大きな特徴である。